スポンサードリンク

視力とは

視力(しりょく)とは、目で物体を識別できる能力のことです。

屈折異常、調節異常で視力が低下した場合は、屈折矯正を行うことで視力を回復することが可能であります。

しかし、疾患により視力が低下した場合には、その要因を取り除かない限り視力を良くすることはできません。

視力低下は現代人にとって、身近な問題になっています。視力低下に対する対応は、現在では4タイプあります。

1、 メガネやコンタクトレンズで、視力を矯正する。
2、 視力を回復するためのトレーニングをする。
3、 目にレーザーをあてて、視力を回復する。(レーシックど)
4、 特殊な形状のコンタクトレンズを装着して角膜の形を変え、   視力を回復する。
posted by hatabou at 14:57 | 視力(しりょく)とは

静止視力・動体視力

目および対象物が静止している場合における視力を静止視力、動く物を見る能力を表す視力を動体視力と呼びます。

動体視力には横方向の動きを識別するDVA動体視力と、前後方向の動きを識別するKVA動体視力があります。

球技などのスポーツの多くは動体視力と密接な関係があり、一流選手は優れた動体視力を持っていると言われます。

また、訓練により動体視力は回復します。

動体視力は年齢とともに低下するため、70歳以上の運転者が運転免許を更新する場合に義務付けられる高齢者講習では、運転適性検査の一つとして動体視力検査が行われています。

視力回復トレーニングという視力を改善する方法があります。
視力回復トレーニングを受けることにより、視力が回復し目が今までよりも見えるようになります。

目を鍛えるので、目が健康になり、そして視力の回復と共に、動体視力もよくなるのです。目がよく動くようになるので、視野も広くなります。

posted by hatabou at 15:12 | 視力の分類

コンタクトで視力回復

コンタクトレンズは、視力の矯正の方法としてもっともポピュラーな方法の一つです。コンタクトレンズは、なによりも見かけが裸眼と同じなので、めがねで人相が変わるのがイヤだという人にとってはコンタクトレンズは手軽で嬉しいものですね。

しかし最近では、コンタクトレンズは、単なる視力矯正の道具にとどまらず、それ自体に視力回復の効果を持たせたものも多く出回るようになりました。

視力回復の効果があるコンタクトレンズの使い方として「オルソケラトロジー」というものがあります。この場合は一日中コンタクトを装着している必要はなく、一定の時間(主に寝ている間)装着しているだけで視力の回復が計れます。

オルソケラトロジーは、コンタクトの延長として気楽に試せますし、何か問題が起きても簡単に元に戻すことが出来ます。特にコンタクトレンズの装着上で何らかのトラブルを感じている人にはお勧めの視力回復方法です。
posted by hatabou at 12:16 | 視力回復 コンタクト

視力回復手術受けようと思ったら

視力回復手術というのは、比較的短い時間ですむ簡単な手術がほとんどですが、視力は人が生きてゆく上ではとても重要なものですので、手術を受ける際には注意すべき事が若干あります。

視力回復手術を受けるにあたって、まず大事なのは良い病院選びです。

視力回復手術を行っている病院は沢山ありますが、まずは日本眼科学会認定の眼科専門医やレーシック専門医がいるかどうかを確認しましょう。加えて「視力回復手術に必要な機器が揃っているのか」「厚生労働省からの免許を持った視能訓練士(ORT)が適合検査を担当しているか」といった事も事前に調べておく必要があります。

視力回復手術後のアフターフォローが万全かどうかも、重要なポイントです。

視力回復に最も大切な事は、徹底的に下調べして信頼できる病院を選ぶ事なのです。
posted by hatabou at 12:08 | 視力回復 手術

視力回復センターとは

視力回復センターというのは、視力回復の為のトレーニングを中心に行う所です。

視力回復センターでは、手術や薬に頼らずに、眼の自然治癒力を利用して、視力の回復を計ります。

視力回復センターでは、視力の回復の為トレーニングの前に、まずはどの位の期間で何処まで視力回復が見込めるかをチェックし、視力回復の見込みのある場合のみ、トレーニングに入ります。トレーニングの成果が現われる迄の期間には個人差がありますが、通常は数カ月程かかります。

視力回復センターは全国に点在していますが、それ程数が多い訳ではないので、特に地方にお住まいの方は、視力回復センターの利用を躊躇されるかもしれません。しかし、視力回復センターは、月に1、2回も行けば十分。あとは自宅でのトレーニングになるので、遠方の方でも安心して利用することが出来ます。
posted by hatabou at 12:00 | 視力回復センター

視力回復トレーニングの種類

視力回復の為のトレーニング法で代表的なものに、視力回復画像というのを使ったものがあります。

視力回復画像というのは、左右の眼で別々の写真を見る事で画像を立体的に見る画像のことで、一般的には立体視といわれています。

視力回復トレーニング法では、平行法と交差法の二つの立体視のテクニックを使います。平行法は左右の視線が交わらないように見る方法、交差法は視線を交差させるのです。

視力回復の度合いによって、複雑な画像に挑戦していくのがこのトレーニング法のコツです。

視力回復画像を使うだけでなく、動画を使った視力回復トレーニング法もインターネットで公開されていて、動体視力アップも図れるようになってきています。
posted by hatabou at 11:51 | 視力回復トレーニング

視力回復トレーニングとは

視力回復の為に出来る事の一つに、視力回復トレーニングというものがあります。

私達の眼は、まず眼に入った光が水晶体で屈折し、網膜上で焦点を合わせる事で、物体をはっきり見るという仕組みになっています。視力が低下した状態というのは、水晶体を適切な大きさに動かす事が出来ず、ピントのずれた状態であるといえます。

視力回復トレーニングは、その水晶体を動かしている毛様体筋という筋肉を鍛えて、水晶体を調整して視力を回復させるものです。

視力回復トレーニングは、今までは写真や画像を使うものがほとんどでしたが、コンピュータとインターネットの普及に伴い、インターネットを使ってのトレーニングも出来る様になりました。

視力回復トレーニングの一番の秘訣は、長く続けること。途中で諦めず、コツコツと視力回復トレーニングを続けましょう。
posted by hatabou at 11:43 | 視力回復トレーニング

視力回復とは

視力回復とは、その名の通り低下した視力を回復させることです。日本人の眼鏡をかけている人は、6000万人ともいわれています。これだけの人間がメガネのお世話になっているとしたら、視力回復は確かに関心の高い話題といえるでしょう。

視力を含め、私達(の身体)は日々変動しています。視力に自信のある人も、パソコン等の作業をしすぎた時は、やはり普段より見えにくく感じるもの。

視力は、午前より午後の方が低下しています。これは眼のレンズ・水晶体を伸び縮みさせる毛様帯筋が疲れてきて働きが鈍くなる為におこるとの事。眼鏡を作る時は、午前に視力を測定しないと、度のきついメガネを作ってしまうことになりますね。

しかしこれは、午後に低下した視力も、翌日の午前には回復しているということを意味します。つまり、低下した視力も、それが固定化しなければ何もしなくても、すぐ回復できるということですね。

視力回復は、お早めに。

パソコンでの作業やゲーム等を長い時間する時は、1時間に10分程度休憩して目を休ませると良いとよく聞きます。「そんな休憩、別にいらない」等とつい思ってしまいますが、そういった常日頃のちょっとした気遣いが、視力回復のために最も簡単で効果的な方法といえます。
posted by hatabou at 11:23 | 視力回復方法

視力矯正手術 ウェーブフロント

ウェーブフロント (Wavefront) とは、視力矯正手術のひとつであるウェーブフロントレーシックにおいて利用される、角膜や水晶体の収差を解析する手法です。

ウェーブフロントアナライザといわれる解析装置でデータを測定および分析します。

視力矯正手術のウェーブフロントレーシックでは、近視や遠視・乱視などについて総合的に角膜形状解析を行ったデータをもとに、ウェーブフロントアナライザがガイドしてレーシック手術を行います。

角膜の形状異常に対しガイドのない従来のレーシックに比し、角膜高次収差に対して解析をおこなっている視力矯正手術ウェーブフロントレーシックの方が乱視の矯正については理論上有利です。

ただし全ての症例に有効なわけではなく、円錐角膜などの角膜形状異常には適応外です。

またハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣り、乱視の種類によっては乱視用眼鏡の矯正にすら劣る症例があります。
posted by hatabou at 19:52 | 視力矯正手術

視力矯正手術 ラセック

視力矯正手術としてのラセック (LASEK) とは、アルコールを使用して角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射し、視力を回復する屈折矯正手術の術式の一つです。

1999年にイタリア人医師Camellinによって考案されました。

角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)は数日で再生します。
そのため、通常の視力矯正手術であるレーシックと異なり、強い眼の衝撃でも薄い蓋(フラップ)がずれることはありません。

視力矯正手術PRKやエピレーシック(EPI-LASIK)などと同様に表面照射という術式に分類されます。

他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復します。
posted by hatabou at 19:44 | 視力矯正手術

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。